短期間でプラス100万円の利益を生み出せ利点があるかつ、5万円程度の損失に抑えられる利点があるスキャルピング。

FX損失地獄を回避できる部分を素晴らしいと感じる人が多数存在していることもあって、FX歴が浅い人/FX歴1年程度/FX歴5年以上/FX歴10年以上のFXトレーダー達がFXスキャルピングをこなしています。

FXトレードルールを全て撤廃した状態でレバレッジ400倍スキャルピングをするとマイナス100万円の損失を出すことになりますし、勝てるFXトレードルールありでレバレッジ400倍スキャルピングをするとプラス100万円の利益を生み出せます。これらの事実が存在しているため、FXトレードルールを設定するのが圧倒的正義とされていますし、FXトレードルールを設定しないのが圧倒的不正解とされています。今回は、FXスキャルピングの利益確定pipsと損切りpips数の目安について、記事を書いていきます。

FXスキャルピングを実践中に、ロスカットをする選択が行えると、全てのFXスキャルピングでの損失を最小限に固定化することができたり、全てのFXスキャルピング時に大きな恐れを感じることがなくなったりします。これらの素晴らしい部分を完全認知したFX戦士は、自分の運に任せたFXスキャルピング回数を0回にするかつ、自分の直感に任せたFXスキャルピングを0回にするの二つを徹底しています。それと、直感頼りでスキャルピングをしている人ほどFXゼロカットを連発していることと、理論に頼ったスキャルピングをしている人ほどプラス30pipsの利益確定をしていることは、全FXトレーダーが認知することである。

FXにおけるスキャルピングとは?

FXにおけるスキャルピングとは、1分単位〜5分単位でドル円トレードを数回こなすことや、5分〜15分単位でドル円トレードを数回こなすことの二つとなっています。スキャルピングは数分単位でいくつもの決断をする必要があって、たった1回間違った判断をしただけでマイナス200万円ものお金が溶けますし、たった1回素晴らしい決断ができただけでプラス400万円ものお金を獲得することができます。それと、5分以内の短期スキャルピング回数をこなしていくと損切りしないほうがいい場所がわかるようになりますし、10分以内のスキャルピングをこなしていくと損切りをするべき場所がいくつかわかるようになります。(数分単位でのスキャルピングをこなしているとまあなんとかなるでしょうという気持ちが強くなりますが、大きく為替レート動かす可能性がある場面でスキャルピングをしているともしかしたら全財産がなくなるかもしれないという恐れが強くなります。)

1. FXレバレッジ5倍固定スキャルピング

FXレバレッジ固定スキャルピングの中身は、自分のもっとお金を稼ぎたいという欲求を封じ込めて、レバレッジ5倍固定でドル円トレードを数回こなすことです。ここで登場するレバレッジ5倍固定スキャルピングをする利点は、FX損失コントロールこそ正義だという価値観がモテることと、FXトレード資金100万円を守り抜けるという安心感がモテることと、スキャルピングで無理に大儲けしなくてもいいと思えることと、ハイレバレッジ取引で大損することがないという安心感がモテることと、レバレッジ5倍スキャルピング必勝法を知れることと、スキャルピング月間累計収益プラス20万円が当たり前になることなどがあります。それと、レバレッジ5倍固定スキャルピングをするデメリットは、百億円資産がある勝ち組FXトレーダーに100%慣れない事と、FX1日200万円稼いだという体験ができない事と、どうにもならない為替相場に参加してしまう事と、低レバレッジ固定トレードは安全だという思い込みが強くなることなどがあります。

2.FXレバレッジ400倍固定スキャルピング。

FXレバレッジ400倍固定スキャルピングの中身は、FX自己資金1000万円を達成できる希望を持った状態で、400万円残高がある海外FX口座でレバレッジ400倍トレードを数回することとなっています。このレバレッジ400倍スキャルピングをする利点は、レバレッジ400倍を扱う時に全く緊張しなくなることと、少額資金レバレッジ400倍トレード必勝法に辿り着ける事と、1万円レバレッジ400倍チャレンジをするようになることと、レバレッジ400倍だから危険であるという価値観がなくなる事と、損切りしないで低レバ戦略がハイリスクであることに気づける事と、レバレッジ400倍取引に特化したメンタル管理方法を知れることなどがあります。それと、レバレッジ400倍固定スキャルピングをするデメリットは、レバレッジ5倍トレードでの勝ち方を忘れてしまうことと、レバレッジ400倍トレードがしたい欲が強くなってしまうことと、レバレッジ1000倍トレード成功により爆益を出したい欲が強くなることと、自分にとって不都合なことをスルーするようになることなどがあります。

3.  全財産30万円だけでレバレッジ10倍固定でスキャルピング。

全財産30万円だけでレバレッジ10倍固定でスキャルピングとは、FX全財産30万円が存在する海外FX口座で、レバレッジ10倍固定でドル円トレードを数回こなすことです。この全財産30万円だけでレバレッジ10倍固定でスキャルピングをする利点は、レバレッジ10倍相応の利益が普通になることと、レバレッジ10倍相応の損失が普通になることと、レバレッジを下げるほどFX生き残れる確率が上がると気づけることと、レバレッジ10倍=ハイレバレッジを扱っているという感覚をモテる事と、圧倒的緊迫感が皆無の状態でスキャルピングが行えることと、誰よりも素早いロスカット決断ができるようになることなどがあります。それと全財産30万円だけでレバレッジ10倍固定でスキャルピングをするデメリットは、ハイレバトレードで勝ち組になるんだという当初の目的を見失ってしまう事と、ハイレバレッジを使うのがダメという思考を持ってしまうことと、たった30万円を失うことを恐れてしまうことと、損切りしなくてもいいんじゃないか?という思いを持つことと、ここぞという場面がわからなくなってしまうことなどがあります。

プラス5pips狙いのFXスキャルピングをするのが良いか?プラス20pips狙いのFXデイトレードをするのが良いか?

何をやってもFXスキャルピングで勝てなくなり、マイナス250pipsロスカットを連発しているのであれば、プラス5pips狙いのスキャルピングを中止して、マイナス250pipsの含み損を抱えることがないポイントで、プラス20pips狙いのFXデイトレードをするのが正義ですし、プラス20pipsのFXデイトレードで1回も勝てず、無意味なマイナス40pipsロスカットを連発しているのであれば、プラス20pips狙いのFXデイトレードを中止して、マイナス40pipsの含み損を抱えることがないポイントで、プラス5pips狙いでFXスキャルピングをするのが正義です。これらのことを完全認知したFX戦士は、レンジ相場のみFXスキャルピングをするのが正解、レンジ相場でのみFXデイトレードをするのが正解であるという発言をします。それと、損失が固定化されるポイントを知っている人だけがFXプロトレーダーになれる事と、損失が固定化されるポイントを知らない人はFX初心者のままであることの二つは全FXトレーダーが知るべきことである。

ロスカットの決断が全くできない&勝利の方程式の時だけハイレバ取引をする方ほど、短期取引をしないで中期視点でのFXデイトレードをおこないますし、ロスカットの決断ができる&負け覚悟でFXスキャルピングをする人ほど、中期視点でのFXデイトレードをしないで、超短期視点でのスキャルピングをします。これらのことに気づいたFXトレーダーは、ロスカット連発で苦しむ回数を減らしたい=FX中期トレードをするのが圧倒的正義である事と、ロスカット連発してもいい覚悟がある=FX短期トレードをするのが圧倒的正義であることの二つの結論を出しています。それと、ロスカット回数を減らしつつFXスキャルピング成功によりプラス10pips取れている人だけがFX成功者になれている事と、ロスカット回数が極端に多くなるFXデイトレーダーはFX負け組になっていることの二つは、全FXトレーダーが知っておくべきことである。

プラス10pips狙いのFXスキャルピングをするのが良いか?、プラ300pips狙いのスイングトレードをするのが良いか?

マイナス10pipsで損切りの決断ができるのであれば、FXスイングトレード成功によりプラス300pips取りたいという欲を捨てて、 FX勝者がエントリーするポイントでプラス10pips狙いのFXスキャルピングをするのが正義ですし、最大マイナス300pipsの損失を抱えることがないポイントを完全把握しているのであれば、FXスキャルピング成功によりプラス10pips取りたい欲を捨てて、FXスイングトレード勝率100%のポイントでプラス300pips狙いのFXスイングトレードをするのが正義です。これらのことを完全認知したFX戦士は、損切り下手な人はプラス300pips狙いでスイングトレードをするのが正解、損切りが上手い人は10pips幅でスキャルピングをするのが正解という発言をしています。それと、全てのFXスキャルピングの損失をマイナス10pipsに固定できる人だけがFX専業トレーダーになれる事と、ロスカット回避しつつ、FXスイングトレードの利益をプラス300獲得できる人だけがFX専業トレーダーになれることは全人類が知るべき事である。

100%の確率でロスカットを見送るかつ、ドル円のレートを見る習慣がない人ほど、ドル円スキャルピングをしないで、ドル円スイングトレードを実践していますし、100%の確率でロスカットを決断するかつ、自分の許容量を超えるFX損失を生み出したくない人ほど、ドル円スイングトレードをせずに、FXスキャルピングをしています。これらのことを理解しているFXトレーダーは、短期トレードで一喜一憂したくないのであればFXスイングトレードをするのが正義、短期トレードで利益を出す優先度が高いのであればFXスキャルピングをするのが正義という発言をしています。それと、無駄なスキャルピング取引をしないFXのみがFX億トレーダーになれていることと、無駄なスキャルピング回数が多い人ほど資金10万円FXトレーダーであることの二つは全人類が知るべきことである。


損失pips数を固定化させ、利益確定pipsを拡大化させるスキャルピング手法とは?

FX歴1年以下だと、無意識のうちにマイナス30pipsの損切りを連発するスキャルピング手法を使うようになりますが、FX歴5年以上だと、意識して、プラス10pipsの損切り&プラス15pipsの利益確定をするトレードルールを使ったスキャルピング手法を使うようになります。これらの現状を把握すると、損切りを連発するであろうポイントでスキャルピングをしないのが正解である事と、利益確定プラス20pips取れるポイントでスキャルピングをするのが正解であることの二つに気づくことができます。今回は、損失pips数を固定化させ、利益確定pipsを拡大化させるスキャルピング手法について、触れていきます。

1. 最大損失マイナス100pipsが保証されているドル円レンジ相場でのみスキャルピングをする。
2. ドル円相場を円安に動かす要素がある時だけドル円ロングで攻める、ドル円相場を円高に動かす要素がある時だけドル円ショートで攻める。(1万円ハイレバスキャルピングをする)
3.9割のFX負け組が自己資金の全てを溶かし終わったポイントでのみスキャルピングをすること。

1. 最大損失マイナス100pipsが保証されているドル円レンジ相場でのみスキャルピングをする。

FX敗者は最大損失マイナス500pipsの可能性があるポイントで平気でスキャルピングをするし、FX強者は最大損失マイナス100pipsが保証されているドル円レンジ相場でのみスキャルピングをしています。この真実に気づいてしまったFXトレーダーは、プラス5pips取れるかもしれないと思ってスキャルピングするのは不正解、プラス5pips取れなくてもいいと思って為替相場を静観するのが正解であるという答えを出します。それと、最大損失100pipsしかでない相場がわかるのがFXプロである事と、最大損失500pips出る相場がわからないのがFX初心者であることは、全人類が知るべき事である。

最大損失マイナス100pipsが保証されているドル円レンジ相場の中身は、ドル円を円安方向に100pips以上動かす要素が出ていない事と、ドル円を円高方向に100pips動かす要素が出ていない事と、悪い材料と好材料が交互に出てくる為替相場であることと、FOMCで利上げが確実とされていない相場であることと、FOMCで利下げが確実とされていない相場であることと、日本円が買われすぎる理由がないことと、日本円が売られすぎる理由がないことと、ヘッジファンドの仕掛けがないことなどとなっています。

2.  ドル円相場を円安に動かす要素がある時だけドル円ロングで攻める、ドル円相場を円高に動かす要素がある時だけドル円ショートで攻める。(1万円ハイレバスキャルピングをする)

FX敗者は、なぜかドル円相場を円安に動かす要素がある時にドル円ショートで攻めるし、ドル円相場を円高に動かす要素がある時にドル円ロングで攻めるが、FX強者は、 ドル円相場を円安に動かす要素がある時だけドル円ロングで攻める、ドル円相場を円高に動かす要素がある時だけドル円ショートで攻める。これらのことに気づいたFX強者は、ドル円が下がる要素しかない時に1万円ハイレバスキャルピングを成功させて、プラス5万円ほどの利益を出しています。それと、ドル円相場を大きく動かす要素を完全無視するのがFX初心者であることと、ドル円相場を大きく動かす要素を重視するのがFXプロであることの二つは全人類が認識するべきことである。

ドル円相場を円安に動かす要素のなかみは、米国の経済指標が良いことと、日本経済が悪いが米国経済が良いことと、日本政府が円安を容認している事と、ドル円相場を円高に動かす要素が皆無になったことと、米国経済が悪くなる要素が皆無になることなどがあります。また、ドル円相場を円高に動かす要素の中身は、米国経済指標が悪化していることと、日本政府が円高を容認している事と、ドル円相場を円安にする要素が皆無になったことと、日本円に価値があると海外勢が思い込んでいる事と、米国経済が悪くなる要素が多数出現することなどがあります。

3. 9割のFX負け組が自己資金の全てを溶かし終わったポイントでのみスキャルピングをすること。

9割りのFX負け組が自己資金があるポイントでスキャルピングをすると、見事FX自己資金100万円全額溶かすことになりますし、9割のFX負け組が自己資金全てを溶かし終わったポイントで逆張りスキャルピングをすると、見事FX利益プラス100万円を生み出せます。これらのことに気づくと、FX負け組のFX資金がある時はノーポジが正解、FX負け組のFX資金が全て溶け切った時にFXスキャルピングをしてみるのが正解であるという答えを出します。それと、FXトレード資金を維持できるはずという思い込みが強いのがFX負け組であること、FXトレード資金を維持できないのが普通と思うのがFXプロであることの二つは、全FXトレーダーが認識するべきことである。

9割りのFX負け組が自己資金を溶かし終わったポイントの中身は、FX初心者が逆張りトレードをしたくなる通貨ペアレート水準になっている事と、FX初心者がトレンド方向にだけエントリーしたくなる通貨ペアレート水準になっている事と、FX初心者だったらら天井ロングする通貨ペアレート水準になっている事と、FX初心者だったら大底ショートをする通貨ペア水準になっている事と、自分がFX弱者だと認識することなどがあります。また1割のFX勝ち組が自己資金を増やすポイントの中身とは、FX弱者が予期しないポイントでドル円ロングできるかどうか?と、FX弱者が予期しないポイントでドル円ショートできるかどうか?の二つとなっています。

FXスキャルピングの利確pips数について。

FXスキャルピングの利確pips数の取り決めなしでスキャルピングをすると、利益確定をしなければいけないというプレッシャーから解放され、スキャルピング時に握力が発揮できますし、FXスキャルピングの利確pipsの取り決めありでスキャルピングをすると、とにかく利益確定しなければいけないという大きなプレッシャーを抱えることになり、スキャルピング時に握力が発揮できなくなります。これらのことを完全認知した人は、ある程度握力を発揮したい時だけFXスキャルピング利確pipsルールを撤廃するのが正義であり、握力を発揮したくない時だけFXスキャルピング利確pipsを定めるのが正義であるという結論を出します。それと、為替相場環境でスキャルピング利確pipsを変化させるのがFXプロであることの二つは全FXトレーダーが把握するべき事である。

1. FX スキャルピングの利確pips数の目標を撤廃。

FXスキャルピングの利確pips数の目標を持ってしまうと、今日もスキャルピング利確pips数の目標を達成するために、スキャルピングをしなければいけないという縛りができてしまいます。この縛りを持ってしまうと、明らかに勝てないドル円相場でスキャルピングをする暴挙に出たり、明らかに勝てないユーロ円相場でスキャルピングをするという暴挙に出たりします。それと、勝っているFXトレーダーほどスキャルピングの目標を撤廃していることと、負けているFXトレーダーほどスキャルピングの目標に執着していることの二つは全人類が知るべきことである。

FXスキャルピング利確pips数の目標を捨て去ると、スキャルピングをしないでも良いという心理的な気持ちを持つことができ、いつ如何なる時もFX様子見に徹することできます。このFX様子見に徹するようになると、100%爆益が保証されているドル円相場でスキャルピングをする神行動に出たり、100%生き残りが保証されているユーロ円相場でスキャルピングをする神行動に出たりします。それと、勝ち癖がついているFXトレーダーほどFXスキャルピングに関する執着が薄くなっている事と、負け組がついているFXトレーダーほどスキャルピングで勝てるという思い込みが強くなっています、

2. FX スキャルピング利確pips数(1pips〜5pips)

大損の未来を予測して、FXスキャルピング利確プラス1pipsで勝ち逃げできている人ほど、マイナス100pipsのロスカットを体験することなく、見事FX自己資金1000万円を守り抜けていますし、大損の未来を予測せずに、FXスキャルピング利確1pipsを先送りにする人ほど、マイナス200pipsのロスカットを体験してしまい、見事FX自己資金1000万円を溶かしています。これらのことを認知したfx戦士は、やばいと思ったらすぐに利益確定するのが正解、やばい相場がくると思ったら直ぐに損切りするのが正解だという答えを出しています。それと、やばい感覚を軽視するのがFX負け組であることと、やばい感覚を重視するのがFXプロであることの二つは全人類が把握するべきことである。

リスクに敏感になり、FXスキャルピング利確プラス5pipsで勝ち逃げできている人ほど、マイナス30pips級のロスカットを体験することなく、見事FXトレード資金200万円を守り抜けていますし、リスクに鈍感になり、FXスキャルピング利確5pipsを後回しにする人ほど、マイナス50pips級のロスカットを体験してしまい、見事FX自己資金200万円を溶かしています。これらのことを認知したFX戦士は、大きなリスクを感じたらFXトレード中止するのが正解、リスクに鈍感になってるなと感じたらスキャルピングをやめるのが正解という答えを出しています、それと、リスクに目を向けようとしないのがfx初心者である事と、リスクに目を向けようとするのがFXプロであることの二つは、全人類が認識するべきことである。

3. FX スキャルピング利確pips数(10pips〜20pips)

為替相場の変化に対応することをせずに、一律にスキャルピング利確pips数10pipsにしている人ほど、ドル円レート500pips円高に動く事態に対応することができず、マイナス500pipsゼロカットされていますし、為替相場の変化に対応することができ、為替相場状況に応じてスキャルピング利確pips数を変化させる人ほど、ドル円レート500pips円高に動く事態に対応することができ、プラス500pips利益確定できています。これらのことを認知しているFX戦士は、為替相場は変化する前提でスキャルピングをするのが正義、為替相場は変化しない前提でスキャルピングをするのが不正解だという発言をしています。それと、為替相場が変化しないでくれと祈るのがFX初心者であることと、為替相場の変化に対応しようとするのがFXプロである。

自分の都合でスキャルピング利確20pipsを達成しないとダメだと思っている人ほど、最大損失240pips確定しているポイントでスキャルピングをしていますし、自分の都合を持ち込まないかつスキャルピング利確pips目標なしにしている人ほど、最大利益プラス20pipsが確定しているポイントでのみスキャルピングをしています。これらのことに気づいた人は、自分がいくらお金を儲けたいのか?という気持ちを全て捨てた状態でスキャルピングをするのが大正解、自分がいくらお金を儲けたいのか?を最重要事項にしてスキャルピングするのは不正解という結論を出しています。それと、金稼ぐ前提でFXトレードをするのがFX初心者であることと、楽しむ前提でFXトレードをするのがFXプロであることは全人類が知るべきことである。

スキャルピングの損切りpips数について。

FXスキャルピング損切りpips数に関するルールを全撤廃してスキャルピングをしていると、気づいたらFXスキャルピング累計損失マイナス3000pipsになってしまったという地獄を体験する事になるし、FXスキャルピング損切りpips数に関するルールを維持してスキャルピングをしていると、ナイス損切りを成功させた頃によりスキャルピング損失マイナス5pipsにできたとか、海外FXスキャルピング収支プラス2000万円を達成できたという最高モードを体験する事になる。これらのことに気づいてしまった人は、損切りなしでスキャルピングをする人はFX適性がないし、損切りありでスキャルピングをする人はFX適性があるという答えを出します。それと、損切りの重要性を常に忘れないのがFXプロであることと、FX損切りの重要性を直ぐに忘れてしまうのがFX初心者であることの二つは、全人類が知るべきことである。

1. FX スキャルピングの損切りpips数の縛り。

FX スキャルピングの利益確定pips数に対するこだわりを全て捨てて、FXスキャルピングの損切りpips数に対する縛りを持った状態でFXスキャルピングをしている人だけが、FXスキャルピング一週間収支プラス400pipsを実現しているし、FX利益確定プラス30pipsを実現しなければいけないかつFX損切りpipsルールを全部撤廃した状態でスキャルピングしている人だけがFXスキャルピング一週間収支マイナス500pipsを実現している。これらのことを完全把握すると、損切りルールを曖昧にするからFXで大負けすることと、損切りルールを厳格化するからFXで大勝ちできることの二つは全人類が知るべきことである。それと、損切りルールの重要さに気づかないのが普通になると損切りができないトレーダーになることと、損切りルールの重要さに気づくの普通になると損切りができる優秀なFXトレーダーになれることは全人類が知るべきことである。


損切り回避こそ大正解であるという価値観を持っている人ほど、最大マイナス200pipsの損失が出るポイントでスキャルピングをしていますし、損切りすることこそ大正解である価値観を持っている人ほど、損切りなしでプラス30pips取れるポイントでスキャルピングをしています。これらのことを把握すると、損切り回避したいという気持ちを捨てることこそがスキャルピング必勝法であることと、損切り回避したい気持ちを持つことがスキャルピング大損法であることの二つの答えに辿り着けます。それと、損失を出すのが普通という価値観があるから損切りができることと、損失を出すのが特別なことという価値観があるから損切りできなくなることの二つは全人類が知るべきことである。

2.  FX スキャルピング損切りpips数(3pips〜5pips)

FX大損スパイラルから抜け出したいという理由で、損切りを絶対しないルール下でスキャルピングをしている人ほど、たった1回の損切りするという決断をしなかった結果、ドル円10枚売りポジションを抱えることになってしまったという地獄を体感することになるし、FX損失額を2万円に固定したいという理由で、マイナス20pips損切りを絶対に実行するルール下でスキャルピングしている人ほど、マイナス20pipsで損切りをした結果、含み損マイナス20pipsドル円10枚売りポジションを決済することできたという天国を体験することになる。これらのことを完全把握したFX戦士は、なんとかなるでしょうという思いを全て捨てさり、スキャルピング損切り幅3pips〜5pipsを絶対に守るというルールの元でFXスキャルピングをするようになります。それと、損切りルールを最重要とできる人間のみFX億トレーダーになれることと、損切りルールを無視する人間のみFX負け組トレーダーになれる二つは、全FX戦士が把握することでもある。(GEMFOREX口座開設ボーナスだけでトレードをする人向け。

今日だけはプラス2万円の利益を生み出せる未来を実現したいという欲求を持つと、FX スキャルピング損切りpips数(3pips〜5pips)のルールをなきものにしてしまうのがFXトレーダーであることと、今日別にプラス2万円の利益を出せなくてもいいじゃんと心のそこから思えると、FX スキャルピング損切りpips数(3pips〜5pips)のルールを何よりも大事にするのがFXトレーダーであることの二つは、これからFXスキャルピングで億万長者になろうとしている人が把握するべきことだったりする。

3. FX スキャルピング損切りpips数(10pips〜15pips)

FXで幾多もの負けを体験したことにより、FX スキャルピング損切りpips数(10pips〜15pips)のルールを絶対にしなければいけないと思っている人ほど、損切りしないでいい場面で損切りを連発するミスを犯していますし、FX幾多もの負けを体験したことにより、FX スキャルピング損切りpips数(10pips〜15pips)のルールを臨機応変に使い分けて行くのが正解であると思っている人ほど、損切りしないでいい場面では損切りせず、損切りするべき場面で損切りするようになります。これらのことに気づいてしまった人は、損切りルールを絶対視しない状態でFXスキャルピングを行うのがベスト、損切りルールを絶対視した状態でFXスキャルピングするのはマストではないという発言をしています。それと、損切りにばかり意識が行くのがFX敗者であることと、生き残れるポイントに目がいのがFX勝者であることの二つは、これからFXを頑張ろうと思っている人が認知するべきことだったりする。


損切りすることに過度な恐怖感を抱くのが普通になると、自分が定めたFXスキャルピング損切り幅10pips〜15pipsのことを完全忘却してまうのがFX戦士であることと、なんの精神負荷もなく損切りをするのが普通になると、常にFXスキャルピング時にマイナス15pipsで損切りしなければと考えてしまうのがFX戦士であることの二つは、全ての投資家が知っておくべきことだったりする。これらをそれなりに知っておくと、FXスキャルピング収支をプラスにできます。

公式サイト

XM(エックスエム)

XM口座開設ボーナス1万3000円だけのFXトレード成功により、FXで1日3万円の利益をGETした人が数多く存在します。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット