国内FX口座をメインにしているFXトレーダーほど、理不尽すぎる相場に巻き込まれて追証金が発生する地獄を体験するのではないだろうか?という恐れを感じていますし、海外FX口座をメインにしているFXトレーダー(追証なしゼロカットシステムの海外FX口座利用者)ほど、理不尽すぎる相場でも追証金0円が確定しているという安心感を感じています。これらのことを認識しているFXトレーダーは、追証というシステムがある海外FX10万円チャレンジをするのが圧倒的正義であるという答えを出していますし、どんなことがあっても追証なしの国内FX口座でFXトレードをしてはいけないという答えを出しています。それと、追証を恐れると弱者視点で為替相場を見てしまうことと、追証を恐れないと強者視点で為替相場が見れることの二つは全人類が知るべきことである。以下の国内FXで負けると思うべきか否か?(追証)、海外FXでハイレバスキャルピング(gemforexボーナスだけでトレードする)で爆益を出せると思うべきか?にも目を通していただきたいです。

国内FX口座でのFX取引で負けないから大丈夫と思ってると、20円規模の大変動するポンド円相場でのFX逆張りトレード失敗により、追証金100万円が発生する地獄を体験することになりますし、国内FXでのFX取引で負けるのが普通だと思っていると、20円規模の大変動するポンド円相場で何もしないことにより、FX損失0円を実現できます。これらの認識を持っておくと、負けないから大丈夫と思っている時にFXトレードをしないことこそが正解であることと、負けるのが普通だと思っている状態でFXトレードをするのが正解であることの二つの答えにたどり着きます。それと、負けに慣れすぎているのがFX負け組であることと、負けの回数を減らす優先度が高いのがFXプロであることの二つは全人類が知るべきことである。

海外FX口座でのハイレバスキャルピングで爆益を出せると思っているときほど、たった50pipsの値動きを読み違えただけで、海外FX100万円ゼロカットされますし、海外FX口座でのハイレバスキャルピングで爆益を出せないのが普通だと思っている時ほど、見事50pipsの値動きを読むことができ、海外FXプラス100万円利益確定できます。これらの認識を持っておくと、利益が出る前提でハイレバスキャルピングをするのは不正解、利益がでない前提でハイレバスキャルピングをするのが正解だという答えを出すようになります。それと、利益を出さないといけないと思うとゼロカットの確率が上がることと、利益を出さなくてもいいと思うとゼロカットの確率が下がることは全人類が知るべきことである。今回は、追証なしゼロカットシステムとは?メリットとデメリットについて触れて行きます。

強制ロスカットの問題点と向き合う。

国内FX口座でFX取引をしていることが普通という価値観を持っていると、強制ロスカットされてFX損失が確定することに疑問を持たなくなったり、強制ロスカットを恐れてFXトレードチャンスをスルーするのが普通になったりします。逆に、海外FX口座でFXトレードをするのが普通であるという価値観を持つようになると、FX損失5万円の覚悟を持ったFXトレードをするのが普通になったり, 5万円の損失を恐れないことが功を奏してFXトレードチャンスでのスキャルピング成功によりプラス20万円の利益が出せたり出せたりします。これらの二つの比較から得られることは、損失を恐れてFXトレードしてはいけないことと、損失を恐れずにFXトレードをするのが正解であることの二つ。それと、5万円強制ロスカットを恐れによりメンタルが崩壊するのがFX初心者であることと、5万円の強制ロスカットを恐れないことにより常にメンタルが安定するのがFXプロであることの二つは全人類が知るべきことである。以下の国内には強制ロスカットがあるから大丈夫だとたかをくくる問題点に気づくべきか否か?や、国内FXでのFXトレード時に自分でロスカットすればいいやと思うべきか否か?にも目を通していただきいです。

国内FXには強制ロスカットがあるから大丈夫だとたかをくくり、二十円規模の大変動為替相場に参加したことにより、FXトレード資金の半分を失うというのが、強制ロスカットシステムがある国内FX口座を利用することの問題点である。この問題点に気づくと、国内FX口座利用時には常に強制ロスカットがあるから大丈夫だと思ってはいけないことと、もしもの事態でも生き残れるように、追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座でFXトレードをするのが圧倒的正解であることの二つの答えに辿り着けます。(追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座を使えば、強制ロスカット独自の問題点について悩むことがなくなります。)

自分でロスカットをすればいいやと思っても、損失確定したくないという思いから、含み損マイナス20pipsのドル円10枚売りポジションを放置してしまうのが人間です。この現実に気づくと、強制ロスカットありの国内FX口座でのFXデイトレード時にも、マイナス20pipsでロスカットすることが圧倒的に正解であることと、追証なしゼロカットシステムの海外FXでのFXデイトレード時にもマイナス15pipsでロスカットするのが圧倒的に正解であることの二つの答えに辿り着けます。それと、強制ロスカットされるまで待つのがFX負け組であることと、強制ロスカット前に損切りするのがFXプロであることの二つは、これからFXトレードに挑戦する人が絶対に知っておくべきことである。

追証の中身とは?

追証とは、突発的な為替レート変動により、通貨ペアのポジションが保持できないほどの証拠金維持率になった時に、追加で国内FX口座にOO円入金しなければいけないというものや、突発的な為替レート変動により、国内FX口座残高がマイナスOO円にたった時に、国内FX口座にマイナスOO円分の金銭を入金しなければいけないというものとなっています。これらの追証を防ぐ方法は、損切りルールありきで低レバレッジ固定でスキャル/スキャルピングをするようにすることと、二万円残高ある追証なしの海外FX口座でスキャル/スキャルピングをするようにすることと、絶対に負けることがないと運命づけられているポイントでのみスキャル/スキャルイングをするようにすることの3つとなっています。それと、FXに絶対がないとわかると追証を食らわなくなることと、FXに絶対があると思うと追証をくらう確率がアップすることの二つは全人類が知るべきことである。


追証が発生するパターンは、『ハイレバレッジ取引時に、急な為替変動が起きたことにより、国内FX口座残高マイナス30万円になってしまった。当然、30万円分の追証金を国内FX業者に支払わなければいけない。』、『国内FX口座での低レバレッジ取引時に、急な為替変動が起きたことにより、ポンド円10枚売りのポジションを保持できない証拠金維持率になってしまった。この時に、いくらかのお金を国内FX口座に入金すると、ポンド円10枚売りポジションが強制ロスカットされず、ポンド円10枚売りポジションを持ち続けられる。』、『低レバレッジ取引時に、20円規模の為替レート変動が起きたことにより、国内FX口座残高がマイナス20万円になってしまった。当然20万円の追証金を国内FX口座に支払わなければいけない。これらの追証が発生するパターンを知っておくと、追証が発生する確率が高い場面ではFXノートレを貫くのが正解、追証が発生する確率が低い場面でのみFXトレードをするのが正解であるという答えを出すことができます。それと、追証ありの国内FX口座に対するこだわりが強いのがFX初心者であることと、追証なしの海外FX口座に対するメリットを知っているのがFXプロであることの二つは、全人類が知るべきことである。


国内FX独自の追証を恐るべきか否か?

国内FX独自の追証を恐れない人ほど、自分がFXデイトレード失敗によりマイナス50万円の損失を出すことはないだろうという思い込みから、国内FX50万円チャレンジをする傾向がありますし、国内FX独自の追証を恐れる人ほど、自分がFXデイトレード成功によりプラス50万円の損失を出しうると認め、海外FX1万円チャレンジをする傾向があります。これらのことを認知すると、追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座残高を少なくすればFX損失を最小限にできることと、追証ありゼロカットシステムなりの国内FX口座残高を多い状態でFX取引をすると損失を最大限にできることの二つの現実に辿り着けます。それと、強欲を制御できずに国内FX300万円チャレンジをするのがFX初心者であることと、強欲を制御して海外FX2万円チャレンジするのがFXプロであることの二つは皆が知るべきことである。

追証を支払わなければいけない可能性があるという気持ちを持った状態でFXトレードをすると、なぜか国内FX口座でのFXトレードで勝てないループにはまったり、なぜか国内FX口座でマイナス5pipsのロスカットの連鎖にハマるループにはまったりしますし、追証を支払わなければいけない可能性が皆無であることが確定している海外FX口座でFXトレードをすると、何故海外FX口座での逆張り成功によりプラス20pips取れたり、何故か海外FX口座での順張りトレード成功によりプラス20pips取れたりします。これらの現実を知っておくと、如何なる時も追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座でFX取引をするのが正解、お金に余裕がない時に追証なしゼロカットシステムなし国内FX口座でFX取引をするのは不正解であるという答えに辿り着けます。それと、追証なしゼロカットシステムを軽視するのがFX初心者であることと、追証ありゼロカットシステムを重視するのがFXプロであることの二つは全人類が知るべきことである。

国内FX口座に追証ありな理由。

日本の金融庁に登録している国内FX口座は、FXトレーダーの出した損失を国内FX業者が補填してはいけないという法律に従い、追証ありゼロカットシステムなしのスタンスをとり続けています。この実情がある故に、国内FX利用者は自分の想像以上のお金を失うリスクを抱えることや、追証の恐れからFXノートレの回数が増えることや、FXリスクをFXトレードチャンスと思えなくなってしまうことなど3つのデメリットを抱えることになります。

日本の金融庁に登録していない海外FX口座は、FXトレーダーの出した損失を海外FX業者が補填してはいけないという法律に従う必要がないため、追証なしゼロカットシステムありのスタンスをとり続けています。この実情があるおかげで、海外FX利用者はFX損失十万円に固定できていることや、追証ゼロカットシステムがあるからある程度のリスクをとるぞという決意をモテることと、ノーリスクで海外FX口座開設ボーナスだけでFX取引が可能であることと、ノーリスクで海外FX入金ボーナスだけでFX取引が可能であることと、自分のペースで海外口座でのFXスキャルピングを実践できることなどの幾多ものメリットを享受できます。

追証なしゼロカットシステムとは?(海外FX独自)

日本の金融庁に登録している国内FX口座は追証ありゼロカットシステムなしとなっていますから、ゼロカットシステムよりもスプレッドの狭さだけを優先したい人は国内FX口座を利用しています。それと比べて、日本の金融庁に登録していない海外FX口座は、追証なしゼロカットシステムありとなっていますから、FX損失固定こそ正義だという人は海外FX口座を利用しています。これらの二つの比較から得られることは、ゼロカット独自の安心感を持ちたければ海外FX口座でFX取引をするのが正解であることと、スプレッド狭いことのメリットを享受したければ国内FX取引をするのが正解であることとなっています。(最近では海外FX口座のスプレッドが縮小傾向にあるため、ゼロカットなしの海外FX口座を使う人が増えて生きています。国に支払う税金を少なくしたい人は、税金一律20%の国内FX口座を利用傾向が強いです。)

海外FX口座独自の追証なしゼロカットシステムとは、二十円以上の一方通行相場でのロスカットがうまくいかず、多額の損失が生まれてしまった時に、海外FX業者が多額の損失を補填してくれるというものとなっています。このゼロカットシステムのおかげで、FX損失をたった10万円で済ますことができた人や、FXハイレバスキャルピングでプラス20万円の利益を生み出すことができたという人が多数出現しています。また、ゼロカットシステム独自の最強の利点は損失を恐れずFX握力を発揮できることと、追証なしゼロかかと独自のいまいちな部分はまあなんとかなるでしょという思いを持ってしまうところとなっています。


海外FX独自の追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座でゼロカットされるパターンの中身は、『プラス20pipsとる予定だったFX逆張りトレード失敗により、マイナス20pipsゼロカットされてしまった。この時のFXゼロカット損失はマイナス10万円となっている』、『プラス30pipsとる予定だったFX順張りトレード失敗により、マイナス30pipsゼロカットされしまった。この時のFXゼロカット損失はマイナス20万円となっている』、『なんとか勝てるだろうと思ったFXトレード失敗により、マイナス100pipsゼロカットされてしまった。この時のFXゼロカット損失を経費と思うのが正解であることと、FXゼロカット損失を出してはダメだと思うのは不正解であることの二つは海外FX利用者が知っておくべきことである。

追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座を利用するメリット。

追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座を利用するメリットは、追証金を支払わなければいけないという心理的負担を背負わないで済むことと、少額資金でのハイレバ取引で成功体験を積めることと、FXトレード時に握力を発揮できるようになることと、損失を出すのが必要経費だという考えがモテることと、損切りラインで損切りする癖がつくことなどがあります。

1.  追証金を支払わなければいけないという心理的負担を背負わないで済むこと。

追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座を使っていると、常に追証金を支払わなくてもいいんだ、FX大損することがないんだという安心感がある状態でFXスキャルピングをすることができます。ここでいうFX大損することがないという安心感を持っているだけで、FXトレードルールを守れる&FXトレード時に無駄な損切りをしなくなる&FXトレード時に握力を発揮できること&FXノートレでもいいと思えること&どんな展開の為替相場がきても怖くないと思えることなどの5つのメリットを享受することができます。

追証ありゼロカットシステムがない国内FX口座を使っていると、常に追証金60万円支払う可能性があるんだ、FX大損する可能性があるという恐怖感を持った状態でFXスキャルピングをすることになります。ここでFX大損することがあり得るのだという恐怖感をもっているだけで、FXトレードルールを守れない&FXトレード時に無駄な損切りを連発するようになる&FXトレード時にすぐに利益確定したくなる&FXトレードしないとダメだという思い込みが強くなることと&自分が想定しない為替相場展開がきたら怖いという思い込みが強くなるなどの5つのデメリットを享受することになります。

2. 少額資金でのハイレバ取引で成功体験を積めること。

追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座を使っていると、損失の心配することがないという思いを持つことができた状態での少額資金でのハイレバ取引成功により、多額の利益を獲得できます。こういう体験をすると、FX1000万円チャレンジ失敗により1000万円もの損失を出すことだけは絶対にやってはいけない、FX3万円チャレンジ失敗によりマイナス3万円の損失を出すのは全然やってもOKだという価値観をモテるようになります。それと、少額資金でのハイレバ取引をしないのが海外FX初心者であることと、少額資金でのハイレバ取引をするのが海外FXプロであることの二つは全FXトレーダーが知っておくべきことだろう。

追証ありゼロカットシステムがない国内FX口座を使っていると、追証を恐れてしまうあまり、少額資金での低レバレッジ固定FX取引成功により少額の利益を獲得することになります。こういう体験をすると、レバレッジを高くするのは悪だとか、追証を恐れた方がいいんだとか、損切りしない方がいいんだという間違った価値観を持った状態でFXスキャル、FXスキャルピングをするという悪い癖がついてしまいます。それと、FX独自の悪い癖をそのままでいいと思うのがFX負け組であることと、FX独自の悪い癖を改善していくのが正解だと思うのがFXプロであることの二つは全FXトレーダーが知るべきことである。

3. FXトレード時に握力を発揮できるようになること。

追証ありゼロカットシステムなしの国内FX口座を使っていると、常に追証くらう未来を想定しまうあまり、FXデイトレード時に握力を発揮することができない。この状態でいるFXトレーダーが被るデメリットは、握力を発揮すれば爆益を出せる為替相場で大損してしまうことと、損切り貧乏でいるのが当たり前に知ってしまうことと、常に損失を恐れる状態でFX取引をしてしまうことと、メンタル不安定が当たり前の状態でFX取引をしてしまうことと、FX様子見をする癖がつかないことなどがあります。


追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座を使っていると、追証をくら未来を全て回避できる安心感から、FXデイトレード時に握力を発揮することができる。この状態でいるFXトレーダーが被るメリットは、常に最高潮メンタルの状態でFXトレードができることと、握力を発揮したことが功を奏すという体験を積めることと、損切りの優先度を下げられることと、FXゼロカットは経費という価値観をモテることと、無理にFXトレードしなくてもいいかという思いがモテることなどがあります。

4.損失を出すのが必要経費だという考えがモテること。

追証ありゼロカットなしの国内FX口座を使っていると、損失を出してはいけないという思考に支配された状態でFXデイトレード失敗によりマイナス3万円の損失を出すことになります。この状態でいるFXトレーダーだけが被るデメリットは、勝てる相場なんてないだろうという思い込みが強くなることと、未来が読めないのにFXトレードなんてできないと思い込んでしまうことと、FX10連敗状態に陥ってしまうことと、損失を出すたびに大きな精神ダメージを受けてしまうことと、ギャンブルFXトレードが普通になってしまうことなどがあります。

追証ありゼロカットありの海外FX口座を使っていると、損失を出すのが必要経費であるという割り切った感覚でのFXデイトレード成功によりプラス3万円の利益が出せます。この状態でいるFXトレーダーだけが享受できるメリットは、1万円ゼロカットされてもノーダメージ状態をキープできることと、損切り貧乏にならずに済むことと、FXトレード収支をプラスにできればいいかあという考えをモテることと、ゼロカットされる確率が低いポイントがわかるようになることと、FXトレードの優先度が下がることなどがあります。


 5. 損切りラインで損切りする癖がつくこと。

追証ありゼロカットシステムなし国内FX口座を使っていると、追証だけは回避したい気持ちから、損切りラインで損切りをする癖がつきますし、追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座を使っていると、追証なしという絶対的安心から、損切りしないで通貨ペアのポジションをアホールドできます。これらのことから得られることは、損切りラインで損切りする癖を付けたければ敢えて国内FX口座を使うのが正解、FXアホールドできるようになりたければ敢えて海外FX口座を使うのが正解となっています。それと、損切りしないと最悪の結末が待っているという思いを持つとなぜか勝てないのがFXというゲームであることと、損切りしなくてもなんとかなる状況でFXトレードをするとなぜか勝てるのがFXというゲームであることの二つは全人類が知るべきことである。

追証なしゼロカットシステムのデメリットについて。

追証なしゼロカットシステムありの海外FX口座を使っておけば、FXで借金することもなければ、FXで人生破滅することもありません。この現実を知らない人は、追証ありゼロカットシステムありの国内FX口座でのFXスキャルピング失敗により、多額のFXトレード損失を出したり、多額のFX追証金を支払うことになっています。

追証なしゼロカットシステムのデメリットは、ゼロカットされることに対する慣れが生まれてしまうことと、危機感が皆無の状態でFXトレードをしてしまうことなどがあります。

1. ゼロカットされることに対する慣れが生まれてしまうこと。

追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座でのハイレバトレード失敗によりマイナス1万円ゼロカットを10回連続で食らっていると、FXハイレバトレードで絶対に勝利できなくてもいい、FX1万円ゼロカットされてもいいという思いが生まれてしまう。この状態になったFXトレーダーは、何度も1万円ゼロカットされる確率が高いポイントでスキャルピングを繰り返すし、1度たりともプラス10万円以上の利益確定ができるポイントでスキャルピングをすることがなくなってしまう。だったらどうすればいいのか?の答えは、ゼロカットされる確率が低いとFX勝者が確信できるポイントでのみFXスキャルピングをするようにすればいいだけである。

ゼロカットされることに対する慣れが生まれる=FX9割の負け組がエントリーするポイントでのみFXトレードをするようになることと同意になってしまうし、ゼロカットされることに対する慣れが生まれない=FX9割の勝ち組がエントリーするポイントでのみFXトレードをすると同意になってしまう。これらの認識を持っているだけで、海外FX口座でのFXトレード収支をプラスに持っていけるし、海外FXトレード収支がマイナスになって悔しい思いをしなくても済むようになる。

2. 危機感が皆無の状態でFXトレードをしてしまうこと。

追証なしゼロカットシステムがありの海外FX口座でフルレバスキャルピングをしている人ほど、OO円以上の損失が出るかもしれないという危機感がなくなり、適当なポイントでエントリーするの癖がついていますし、追証ありゼロカットシステムなしの海外FX口座でレバレッジ25倍固定スキャルピングをしている人ほど、OO円以上損失が出るかもしれないという危機感をもち、勝てる確率が高すぎるポイントでエントリーする癖がついています。これらのことを認知しておくと、常に危機感を持った上程で海外FXフルレバトレードをしようという強い決意を持つようになります。


公式サイト

XM(エックスエム)

XM口座開設ボーナス1万3000円だけのFXトレード成功により、FXで1日3万円の利益をGETした人が数多く存在します。